株式会社ひかり



技術情報

サッシの補強材・下地材として高耐食性の溶融亜鉛メッキ鋼板を使用したいとおもいますが対応可能でしょうか?
また取扱の板厚は何ミリまでですか?

新日本製鉄のスーパーダイマ(NSDHC.NSDCC)を使用しております。(メッキの付着量は180/m2)
取扱板厚については1.6t 2.3t 3.2tが調達可能です。
切断小口の補修の必要がないため納期・コストの面でメリットがあります。

鋼板の折り曲げについて
スチール鋼板1.6t〜2.3tのL時曲げの最小寸法を教えてください。

例えば 1.6t L=2000ミリの場合 7.2ミリまで可能です。
Z曲げの最小寸法は1.6t L=2000ミリの場合 約11ミリとなります。
(全体の曲げ構成により数値は変動いたしますので詳しくはお問合せ願います。)

SS400材の型鋼の加工は出来ますか?

(一例として)建築用のブラケット・カーテンウォール用のファスナーなど手掛けております。
中厚・厚板のSS400材の過去の実績は50mm厚までございます。
カーテンウォール用スチールマリオンについても構内クレーン設備により対応可能です。

御社のレーザー切断機でアルミ板は切断出来ますか?

#1100、#5052共に切断可能です。
板厚は0.5mmから10mmまで切断できます。

チタンの曲げ加工は出来ますか?

可能です。(純チタンのみ)
加工実績としては6mmですが、母材の状態によりますので都度お問い合わせ下さい。

 

 

 

↑TOP

Copyright (C) HIKARI,Inc. All rights reserved.